« 田舎暮らしの醍醐味 | トップページ | 生活を続けるということ »

2011/03/10

ウィメンズデイの翌日

 おとといミケーレが、これは雪の寒さだとインディアンみたいなことをつぶやいていたが、本当に、お向かいの切り妻にうっすらと雪の残るウィメンズデイとなった。女性の日。ここいらでは身の回りの女性にミモザを贈る日とか老いも若きも女同志で出歩く日のようなことになっている。

 伴侶からクリスマスだ、誕生日だに何かを貰うことは、とうにあきらめた潔いあたしに、親友のサベリオ(7)がミモザを一枝くれた。

016_3

瓶が欲しくて買ったミネラルウォーター。小ぶりで草花を選ばないので、テーブル用の一輪挿しとして、気が付けば正規の花瓶より活躍中。

 さらには、女二人で出かけたSHIBUYAで、帰りしなにオーナーから、たわわな一枝をもらい、プロセッコでほろ酔いの大上機嫌で家に帰ったら、枝ぶりのいいミモザがダイニングテーブルの上にでんと置いてあった。

 長生きはするもんだ笑。聞けば、会社帰りに手折ってきたという。ここで手折ると訳すのは、完全な誇大だが、ああ日本語にはなんと甘美な表現があることよ。

 覆水盆に返らず、折って持って帰ってきてしまってはどうしようもない。とにもかくにも空きビンコレクションを総動員して、ミモザだらけになった家中をうれしく見回す。

    

|

« 田舎暮らしの醍醐味 | トップページ | 生活を続けるということ »

コメント

おおおなみさん、なんと光栄!
お元気でいらっしゃいますか?
FBからメールをお送りしましたので、ゆる~く繋がりませんか?

投稿: Yroko | 2012/09/29 11:45

やっと見つけた (#^^#)
お久しぶりです~。
覚えていらっしゃいますか?
テーラモのなみです。
このブログもゆっくり読ませていただきますね。
フェイスブック持ってるのかしら?
連絡できるように繋がれば嬉しいです。
(^^)/~

投稿: 栗林南美 | 2012/05/25 20:25

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィメンズデイの翌日:

« 田舎暮らしの醍醐味 | トップページ | 生活を続けるということ »