« ハウチワ豆とニンニクの炊き込みご飯 | トップページ | ウィメンズデイの翌日 »

2011/02/02

田舎暮らしの醍醐味

 市役所でひょっこりと農家のヴィンチェンツォに会って、久しぶりねという当たりさわりのない話をしたら、翌日、今シーズンのワインをわけてくれると電話があった。

 農家といっても、オリーブオイルとかおよそ南伊と聞いて連想できるものは、たいがい自前で原料から生産しているマッセリアというやつで、ヴィンチェンツォんとこは、ブドウジュースみたいな濃蜜なワインを醸造する。 

Photo

生産者が分かるワインとオレンジで作った、考えたらなんとも贅沢なゼリー。5つ分の材料費は1ユーロほどの計算(このうち市販の板ゼラチンが90セント!)

 聞けば、銘柄こそなくても、グレーコ・ディ・トゥーフォの白と、ラクリマとプリミティーヴォのロゼという。 おお・・・それがいかにもぞんざいに5ℓのプラスティック容器に入っていて、いずれも1リットルがわずか1.5ユーロばかりなのである。

 やっぱり露地物の青物をトラックで売り歩く陽気なビートは、上得意の義母が買いに行くたびに、そう言えばおまえさんのところのせがれの嫁はと話を持ち出し、決まってせがれの嫁の分まで持たされて帰ってきてしまう。

 とはいっても2ユーロも出せば、5kgほどもくれる上に、セロリだ、イタリアンパセリだとおまけまでつけてくれる。ちょうどビートのオレンジをどっさりもらったばかりだった。

 すっかり当たり前に思ってしまっていたが、考えれば生産者が分かる食品が毎日の食卓にのぼるというのは、贅沢なことではないか。

 開封一番を飲みながら、ロゼでゼリーをこしらえたら、やはり美味しいのだった。

|

« ハウチワ豆とニンニクの炊き込みご飯 | トップページ | ウィメンズデイの翌日 »

コメント

はじめましてPiccolaさん

バーリ・バレーセ空港からは、TEMPESTAというバーリ中央駅へのリムジンバスのほか、市バスも運行しています。

下記、時刻表参照(2011年3月末まで有効)
http://www.autoservizitempesta.it/orari.php


マテーラまで

◆月~土◆

バーリ中央駅→(私鉄FAL線)→マテーラ・チェントラーレ

注意:FAL線は国鉄FS線の駅舎とは別棟
FAL線は日曜運休

◆日・祝◆

バーリ中央駅→(FALバス)→マテーラ

下記、P2左のタイムテーブル「BARI PALO (中略) MATERA POTENZA」参照
http://www.fal-srl.it/it/pdf/quadri_orari_automobilistici_festivi.pdf

投稿: Yroko | 2011/03/10 14:07

はじめまして! Piccolaと申します。
来週BARIを中心にマテーラとアルベロベッロを一人旅するよていでここにたどり着きました。。。突然申し訳ありません。。

突然の質問で大変申し訳ありませんが、BARIの空港から市内まではどのようなアクセスの仕方があるのでしょうか。また、BARI~マテーラまでは、日曜日でも公共交通機関で行くことは可能でしょうか?

教えていただけると本当に助かります。。。。よろしくお願いします

投稿: Piccola | 2011/03/10 04:57

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田舎暮らしの醍醐味:

« ハウチワ豆とニンニクの炊き込みご飯 | トップページ | ウィメンズデイの翌日 »