« 2009年9月 | トップページ | 2010年8月 »

2009/10/28

最後のサンキュー

 愛の贈り物にとんと無縁なあたしだけど、夏のあたまに、夫ミケーレから突然、特に入用でもなかったバイクのヘルメットをもらった。勢い、今年の夏はどこに行くにもバイクの後ろにまたがるはめにはって、スカートもはけやしないんだけど、例の、バイクに乗ると認知機能が向上するという最新の科学がホントっぽい気はしている。

 なんというか、鉄板が一枚なくなっただけで、わざわざアフリカの大地まで出向かなくとも人の視野って結構広いことに気付いたり、さらにはあたしは後ろでじっとしてるだけなので、流れていく町並みや人々の挙動なんかもばっちり観察でき、脳が思考なんかをはじめてしまう。この調子でいけば動体視力の強化も期待できるかもしれない。

 秋の只中に盛夏の話で恐縮だけど、8月15日の祝日も近い片側1斜線のマテーラのメインストリートは、バイクが8の字に追い越しもできないほどきゅうきゅうで、前後の自動車といっしょになって発進しては停止するものだから、ウィークポイントが視力のあたしでも、興味のおもむくまま、いちいちをつぶさに観察することができた。

 こちらもきゅうきゅうの路上駐車の列の中には、スマートを銀色と青のツートーンに塗装したパトカーも停まっていた。イタリア国内を走ってる車って八割がた薄汚れているもんだけど、このパトカーも例にもれず、指でお絵書きができそうなほど全体がまんべんなく土ぼこりで覆われているな~と憐憫の気持ちで眺めていたら、ほんとに落書きがしてあった。

私を洗って
グラツィエ(サンキュー)

 パトカーにする落書きとしては、なかなかこじゃれている。言語って民族の精神性を表すもんだと思うけど、あたしはこの「グラツィエ」の清々しさには、悔しいけれど夢中だ(笑)。だって「どうぞよろしく」ではなくて、「ありがとう」なのである。

 今年の6月、ニュー・アリタリア航空のキャンペーンできゅうきゅうのローマ発成田行きは、旧態どおり、予定の時刻を過ぎてもまだフィウミチーノ空港の敷地内をウロウロしていた。

 イタリア人の機長によれば、「我々の航空機の前に、離陸のため待機している機体が11機あり、離陸まではあと30分ほどかかる模様です。グラツィエ」ということだった。

 ニューとはいえアリタリア航空の、しかも破格のキャンペーン中なことだし、さらには隣がきちんと座っていても「あたしの」空間にまではみ出てくるかっぷくのいい青年だったとしても、文句は言えない。
 

続きを読む "最後のサンキュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/12

お詫びと訂正

 9月23日付けのブログ「マテーラについたら」の中で、マテーラとイタリアの主要各都市を結ぶ高速バスの発着場は、マッテオッティ広場 Piazza Matteotti と書きましたが、現在、高速バス各社とも発着場は、FAL線のマテーラ・ヴィッラ・ロンゴ駅 Matera Villa Longoとなっています。

 「マテーラについたら」内の誤りを訂正して、お詫びいたします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年8月 »